ブログ

3Dプリンター

2014年10月28日

先日、メドコネクト株式会社 の花田様に3Dプリンターで出力した臓器模型などを見せていただきました。

可視化のためレントゲン、エコー、CT、MRIなどを利用しますが、欠陥、主要、正常肝細胞を色分けした肝臓の臓器モデルは手術プランニングの変革に大きなインパクトを与える技術と驚きました。

では整形外科での応用はどうでしょう。3Dスキャンの技術も併用してフィッティングのよい装具を作ったり、オーダーメイドシューズの基本である木型づくりを容易にできるのではないかと思いました。

医療材料とするにはハードルは高いのですが、海外ではかなり臨床応用も進んでいるようです。

医療と工学の連携なので医工連携などと呼ばれる分野ですが、技術革新が業界の常識を変える未来にワクワクいたします。

http://optronics-media.com/news/20140620/23588

 

コメント


コメントはまだありません。

〒239-0804 神奈川県横須賀市吉井2-3-3 TEL.046-802-5200 FAX.046-841-5220

管理会社「株式会社颯成会」
Copyright (C) 2017 さいとう整形クリニック. All Rights Reserved.