スタッフのつぶやき・・・

スタッフのつぶやき・・・一覧

~高校野球の新たな取り組み~

勉強会 H27/2/4(水) 向井貴大

高校野球の問題

選手の酷使.過密な日程と過酷な気象条件は以前から指摘されてきたが、田中将大(ヤンキース)投手が故障したことによりあらためて日本球界の登板過多に厳しい目が向けられている。2013年選抜高校野球では済美高校の安楽智大投手が5試合で772球投げたことが話題となり、アメリカから批判を受けている.

日米の高校野球の違い

・大会規模:日本は甲子園⇒国民的行事.  アメリカは最大で州大会まで⇒ほぼ注目されない.

・練習時間:日本⇒長い. アメリカ⇒2~3時間程度.

・球数制限:日本⇒なし. アメリカ⇒リトルリーグから球数制限あり.

・考え方: 日本⇒投げ込みで肩を作る. アメリカ⇒肩は消耗品.

 

日本高校野球連盟の取り組み

2014年7月に選手の健康管理に配慮した試合方法について全加盟校にアンケートを実施.(回答率98%)

・タイブレーク制度(49.7%)

・投手の投球数制限(12.0%)

・投球回数制限  (10.7%)

・他の方法    (27.6%)

※タイブレーク制

同点で延長に入った場合、決められた回から、1死満塁など点が入りやすい状況で攻撃を始めるルール.

タイブレーク制導入への賛意がある一方、「夏の大会は現行通りで、春季、秋季大会のみ導入する」など最後の公式戦となる夏の大会での実施には消極的な意見も多かった.

2014年11月に理事会を開き、タイブレーク制について、試験的に関東大会や近畿大会の春季地区大会で一斉に導入することを決めた.

 

 

2015年2月14日


〒239-0804 神奈川県横須賀市吉井2-3-3 TEL.046-802-5200 FAX.046-841-5220

管理会社「株式会社颯成会」
Copyright (C) 2017 さいとう整形クリニック. All Rights Reserved.