メニュー

腰痛

特徴

腰痛とは特異的腰痛非特異的腰痛に分類されます。

特異的腰痛とは痛みの原因がはっきりしている腰痛で椎間板ヘルニア、脊椎圧迫骨折などが挙げられます。

転倒や、転落後に腰痛が出現したり、安静にしていても症状が良くならない、次第に症状が悪化している、足に力が入らない、尿漏れがあるといった症状がある場合は、医療機関を受診することをお勧めします。

非特異的腰痛とは痛みの原因がはっきりしない腰痛です。腰痛の約85%はこの非特異的腰痛に分類されます。

 

腰痛診療ガイドライン2019より

・日常的な運動実施群に比べ、普段運動してない群に腰痛発症リスクは増大する

・慢性腰痛に対する運動療法は有用である

・腰痛予防に運動療法は有用である

と記載があり、運動療法が腰痛の予防、改善に有効であるとされています。

また、規則正しい生活習慣や、ストレスマネジメントも腰痛に影響を与えることから包括的にアプローチする必要があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME