メニュー

腰椎椎間板ヘルニア

特徴

背骨(脊椎)の間にある椎間板(クッションの様な役割)が加齢などにより変性し、膨隆した部分が神経を圧迫し、腰や臀部、足に痺れや痛みを生じます。足の感覚が鈍くなったり、力が入らなくなったりすることもあります。

比較的若い男性に多く発症すると言われています。

発症初期は強い痛みがあるため、服薬、コルセット、物理療法にて痛みを和らげます。痛みが軽減すれば、再発を予防するために運動療法が処方されることもあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME