メニュー

頚椎症性脊髄症

症状

加齢に伴う椎間板の変形、骨棘(骨のトゲ)や靭帯の肥厚によって脊髄が圧迫されて、首や両側の手や足の痺れや痛みを生じます。

手を使った細かい動作(ボタンを止める、箸を使うなど)がしにくくなるなどの症状が見られます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME