メニュー

変形性脊椎症

特徴

背骨(脊椎)の間にある椎間板(クッションの様な役割)は加齢に伴って弾力性が失われていきます。椎間板の機能が低下し、骨棘(骨のトゲ)が形成されると脊椎の可動性が低下し、背中の負担が増え痛みを引き起こします。

骨の変形があったとしても症状がない場合もありますので、画像診断だけでなく、他の要因(筋力、柔軟性、体の使い方、負担のかかる姿勢など)を考慮し、包括的に治療していく必要があります。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME